MIDNIGHT HERO

デラシネのブログ。明日へむかって。

1999年、福岡ダイエーホークス 初のリーグ制覇への軌跡。〜ホークス、4年連続日本一によせて~

yahoo dome 

コロナ禍の中、日本のプロ野球界は、11月に日本シリーズが開幕。

福岡ソフトバンクホークスが、4年連続の日本一を達成し、幕を閉じた。

 

 今回は、長きにわたりホークスファンである私の、地元球団を巡る物語である。

 

伝説の西鉄ライオンズ、黄金時代を知る福岡の町。

かつて、福岡には西鉄ライオンズというチームがあった。

稲尾和久という大エースを擁し、中西太豊田泰光大下弘などの打棒で日本シリーズ3連覇を成し遂げた、伝説のチームである。

 

なかでも稲尾和久はすごかった。

大分県別府市の漁師の子として生まれ、幼い頃から漁を手伝い、沖へ出て櫓を漕いだ。

その大海原で鍛えられた強靭な足腰で、年間42勝、3年連続30勝、8年連続20勝など、人間離れした数々の大記録を残した。

 

なかでも1958年は、3年連続巨人相手に日本一のかかるシリーズ。

西鉄は3連敗から4連勝して日本一となり、稲尾は、7戦中6試合に登板。

3戦目からは5連投し、7試合で5完投。

ファンから「神様、仏様、稲尾様」と呼ばれた。

 

魔術師 上 三原脩と西鉄ライオンズ(小学館文庫)

魔術師 上 三原脩と西鉄ライオンズ(小学館文庫)

  • 立石泰則
  • スポーツ/アウトドア
  • ¥720

鉄腕伝説 稲尾和久―西鉄ライオンズと昭和

鉄腕伝説 稲尾和久―西鉄ライオンズと昭和

 

その後、ライオンズは西鉄から太平洋クラブ、クラウンライターと身売りを重ね、下位を低迷するようになる。

 

そして、1978年。

クラウンライターが西武グループに球団を身売りし、ライオンズは埼玉へ。

地元からプロ野球が消えた。

 

私の祖父は、晩年、ライオンズが埼玉に移転した後も、ひとり晩酌を口にしながら、ラジオのナイター中継を聴き続けた。

それだけ西鉄ライオンズの残した栄光は、忘れ難いものがあったのだろう。

 

栄光の西鉄ライオンズ [DVD]

栄光の西鉄ライオンズ [DVD]

 

南海ホークスから福岡ダイエーホークスへ。

福岡にプロ野球が戻って来たのが、1989年。

大阪の南海ホークスは、福岡ダイエーホークスとして生まれ変わった。

だが、変わったのは、名前だけ。

かつて、鶴岡一人野村克也を監督として築いた栄光の面影は、すっかり鳴りを潜めていた。

 

九州に移転し、福岡ドーム(現・ペイペイドーム)という巨大な球場を本拠としてからも、パ・リーグの弱小球団の体質はそのまま。

依然として、西鉄ライオンズの黄金時代を知る、西武ファンの方が多かった。

 

そこで動いたのが、根本睦夫

福岡を去った、クラウンライターライオンズ最後の監督であり、西武ライオンズの初代監督。

80年代から90年代にかけて、13年間で11度のリーグ優勝、7回の日本一を成し遂げた、西武ライオンズ黄金期の礎を築き、球界の寝技師と言われた男。

 

1993年、ダイエーのオーナー・中内功の招へいを受け、西武ライオンズのフロントを離れてダイエーホークスの監督に就任した。

その年のオフ、西武との大型トレードで、エースの村田勝喜、主軸の佐々木誠を放出して、秋山幸二を獲得。

 

同年、小久保裕紀が、ドラフト2位指名で入団。

翌1994年には、フリーエージェント宣言をした工藤公康石毛宏典を獲得。

同年、ドラフト1位で城島健司を指名し、入団。 

 

さらに根本睦夫は、元巨人軍監督で世界の本塁打王・王貞治を監督に招き、自身は球団のフロントに入る。

すべては、勝つことの喜びを知る、新しい血を入れるための処方だった。

 


根本陸夫伝 プロ野球のすべてを知っていた男 (集英社文庫)

根本陸夫伝 プロ野球のすべてを知っていた男 (集英社文庫)

 

すべては勝利のために。

それでも、栄光ははるか彼方にあった。

自分達が、優勝なんてできるわけが無い。

チーム全体に染みついた負け犬根性は、容易には払拭出来なかった。

 

1996年には、不甲斐ない戦いにブチ切れたファンが、チームバスに生卵をぶつけるという、いわゆる生卵事件が起きる。

そして、1997年まで、球団は20年連続のBクラスという不名誉な記録を作った。

 

 

しかし、勝つための土壌は、確実に培われていった。

秋山幸二の背中を、小久保裕紀が追いかける。

左右のエース、工藤公康と武田一浩が、捕手・城島健司をしごき上げる。

 

1996年のドラフト会議では、井口忠仁(現・井口資仁)、松中信彦が入団。

勝ちを知るベテランと新しい若い力が噛み合い始める。

 

常勝チームの主力だった男達によって、若手の意識改革が誘発される。

プロとしての肉体と精神を鍛え上げ、ハードでタフな準備を行う厳しさを、元・西武の秋山や工藤、石毛はチームに範として示した。

 

もっと遠くへ 私の履歴書

もっと遠くへ 私の履歴書

  • 王貞治
  • スポーツ/アウトドア
  • ¥1,600

チャレンジが道をひらく 野球この素晴らしきもの (100年インタビュー)

チャレンジが道をひらく 野球この素晴らしきもの (100年インタビュー)

 

1998年、チームは福岡移転後、初めての優勝争いを演じるが、最後の土壇場で連敗を続け、同率3位に終わった。

 

この年は、球団や選手にスキャンダルが発覚した。

 

開幕前には、選手5名が脱税事件に関わったとして数週間の出場停止処分を受けた。

そしてオフには、球団職員がアルバイト学生に金を渡して、外野から捕手のサインを盗み、選手に教えるというスパイ疑惑が持たれ、応援していたファンをガッカリさせた。

そんなことをして勝っていたのかという思いに、 私も大いに失望したものだ。

 

根本睦夫の急逝。初めてチームがひとつになる。

そして迎えた1999年。

4月30日時点で、ホークスは、シーズン序盤から勝ち星を重ね、2位に付けていた。

そんな中の、突然の訃報だった。

球団社長を務めていた根本睦夫が、逝去した。

チームの礎を築いた根本の死を、最も悼んだのは西武時代から関わりの深かった、秋山と工藤だった。

 

秋山幸二は、熊本・八代高時代は投手だった。

その秋山の野手としての能力を評価して、根本はドラフト外で西武に入団させた。

工藤公康は、父親の強い意向でプロ入りを拒否し、愛工大名電高から社会人・熊谷組入りが内定していた。

根本は、そんな工藤をドラフト6位で強行指名、口説き落として入団させた。

工藤の結婚式の仲人でもある。

二人は、根本の前で、あらためて奮起を誓った。

 

5月9日、チームは貯金4つで、今季初めての首位に立つ。

スターティングメンバーには、1、2番に村松有人柴原洋浜名千広

俊足、巧打の3人が、日替わりで名を連ねる。

 

4番には、小久保裕紀が固定される。

その前後に、井口忠仁、城島健司、秋山幸二、松中信彦らの和製大砲がズラリと並んだ。

 

一瞬に生きる

一瞬に生きる

  • 小久保裕紀
  • スポーツ/アウトドア
  • ¥1,000
  •  
一瞬に生きる

一瞬に生きる

 

ありがとう!一瞬に生きるキャプテン 小久保裕紀 [DVD]

ありがとう!一瞬に生きるキャプテン 小久保裕紀 [DVD]

 

 一番の懸案事項は、投手陣だった。

前年オフに、右のエースだった武田一浩が中日に FA 移籍し、工藤公康がひとりエースとして残された。

その他では、1992年のルーキーイヤーからローテーション投手の若田部健一

その二人以外に、完投能力のある投手は不在だった。

「10年先の自分」をつくる

「10年先の自分」をつくる

  • 工藤公康
  • 自己啓発
  • ¥1,500
55歳の自己改革

55歳の自己改革

  • 作者:工藤公康
  • 発売日: 2019/03/29
  • メディア: Kindle版
 

 しかし、次々と新星が現れる。

武田一浩のあと、先発の穴を埋めたのは、1997年にドラフト指名で入団した、永井智浩星野順治だった。

二人は、それぞれ10勝を挙げる。

 

そして、彼らと同期入団の篠原貴行が、リリーフ・エースとして 絶体絶命のピンチをピシャリと抑え、リリーフだけで14連勝と神がかりの活躍をした。

また、シーズン途中から加入した外国人投手、ペドラザがクローザーとして9回に定着。

 

7回まで勝っていれば、必勝パターンに持ち込める、勝利の方程式が出来上がる。

 

課題は、ほかにもあった。

20年以上優勝したことが無いという経験値の低さと、勝ちにこだわるメンタリティの欠如である。

 

そこで、ここぞという試合に、王監督は西武黄金期を支えた秋山幸二、工藤公康を起用した。

チームに活力が欲しいと思えば、カンフル剤として秋山幸二を1番バッターに据える。

2位との差が首の皮一枚というときに、工藤公康に試合を託す。

 

まさに、勝つことが当たり前のプロ野球人生を生きた王貞治という男の、絶妙の采配だった。

 

チームは、6月の連敗で、一度の首位陥落を余儀なくされる。

だがそれ以降、 0.5 ゲーム差に詰め寄られることがあっても、首位を明け渡すこと無く、マジックが点灯する。

そこに見ることができたのは、初めてチーム一丸となったナインの、躍動する姿だった。

 

ダイアモンドの鷹(福岡ダイエーホークス応援歌)竜童組

 

ベースボールマガジン 2020年 11月号 特集:福岡ダイエーホークス王道伝説 (ベースボールマガジン別冊紅葉号)

ベースボールマガジン 2020年 11月号 特集:福岡ダイエーホークス王道伝説 (ベースボールマガジン別冊紅葉号)

 

念願のリーグ制覇。歓喜の瞬間。

忘れもしない、9月25日。対日本ハム戦。

私は、3塁側の内野席に坐って、試合開始前から地元ラジオ局のナイター中継を聴いていた。

マジック2 で、胴上げが見られるかもしれない、という夜だった。

 

そのとき、ラジオから朗報が流れた。

私は、思わず声を上げてしまった。

「デーゲームで西武が負けた。勝てば優勝だ」

 

客席のざわめきは、波のように拡がった。

やがて、「マジック1」「勝って優勝」の応援ボードが、バックスクリーン上の液晶パネルに映し出される。

そこにいる誰もが、夢の瞬間が目の前だと感じた。

 

アンパイヤの手が上がり、試合が始まる。

先発投手は、若田部健一。

序盤、秋山の先頭打者ホームランで先制するも、中盤に若田部が満塁ホームランを浴び、逆転を許す。

しかし、7回裏、小久保のホームランで同点に追いつく。

 

8回表、すかさず篠原がマウンドへ上がる。

その裏、井口が勝ち越しソロを放つ。

9回表、篠原は回またぎでワンアウトを取る。

そして、ペドラザが登板する。

 

最後のバッターを空振り三振に取った瞬間、夢は現実のものとなった。

一斉にダイアモンドに駆け寄るナインに、歓喜の輪ができる。

城島も小久保も、泣いている。

王監督が、晴れやかな笑顔で歓喜の輪に抱かれ、宙に舞う。

ドーム球場は、大歓声の嵐に鳴動した。

 

Get the top~1999年福岡ダイエーホークス優勝への軌跡~ [VHS]

 

大盛り上がりの福岡。ホークス旋風が巻き起こった。

思えば、この初優勝ほど、すごい盛り上がりを見せた年はなかった。

中洲を歩けば、ストリートミュージシャンが「いざ行け、若鷹軍団」を歌っている。

駆け寄った中洲の酔客と、大合唱が始まる。

 

中洲と天神のあいだを流れる那珂川。

その川に福博出合い橋、という短い橋が掛かっている。

橋の中央部には、日除け屋根が付いた丸い東屋の出っ張りがあった。

 

優勝の夜、同形の丸屋根が、那珂川ダイビングのボードとなった。

女の子までが大歓声のなかを次々とダイブする姿は、テレ朝、久米宏がキャスターだったニュース・ステーションで生中継された。

f:id:FOREVERDREAM:20201205145552j:plain

福博出会い橋。手前が天神。橋の向こう側が中洲。(写真提供:福岡市)
 

このダイブは翌年の優勝まで続いたが、危険だと福岡市が禁止してからは、元の屋根の姿に戻った。

かつて阪神が優勝したときの、道頓堀川に掛かる戎橋ダイブから派生したものだろうが、生で見ていてホントに楽しかった。

 

元がお祭り好きの博多っ子である。

街中が喜びに溢れ、出会う人すべてが友人知己のような一体感が肌で感じられた。

 

 

この優勝以来、ペナントレースが佳境を迎える時期になると、街中の商店街やデパートが応援歌を流し、タクシー、バスの運転手から宅配便に至るまで、ホークスの法被(はっぴ)を着て応援体制を取るようになった。

それは、現在の「鷹の祭典」にまで受け継がれて、今日に至っている。

 

 

中日相手に、あっさりと日本一。常勝チームへの一歩を踏み出す。

そして迎えた日本シリーズ。

相手は、星野仙一監督率いる中日ドラゴンズだった。

 

第1戦は福岡で、先発・工藤公康の完封勝利で幕を開けた。

1勝1敗で名古屋ドームへ。

中日には前年までホークスにいた武田一浩がいた。

しかし、ホークス打線は中日・武田一浩をあっさり攻略。

福岡に帰って来ないまま、第5戦で日本一を決めた。

MVP は、秋山幸二だった。

 

こうして、九州でこよなく愛される球団となったはずのホークスだったが、その後、次々と試練に見舞われることになる。

そのお話は、また次の機会にしよう。

 

 福岡ソフトバンクホークス、4年連続日本一、おめでとうございます。㊗️

 

 

勝利の空へ  藤井フミヤ

勝利の空へ

勝利の空へ

  • アーティスト:藤井フミヤ
  • 発売日: 2005/04/27
  • メディア: CD

Untitled