MIDNIGHT HERO

デラシネのブログ。明日へむかって。

ブログで短編小説を。バラッドをお前に。THE MODS 。

 

汚れた顔の天使達

バラッドをお前に

もうどれくらいになるかな、お前と出会って。

その頃、お前は女暴走族、いわゆるレディースのヘッドで、その評判はオレの耳にも入ってた。

だだっ広い駐車場のあるコンビニの前で、偶然、オレはお前を見かけた。

すげえド派手なメイク決めてて、とても女とは思えなかったぜ。

オレはむしろ、ナンパな不良で、族のお前とは格が違うって感じだった。

その頃のオレは、バカの行く私立校の高二。

永ちゃんはガチ好きだけど、森やんがオレの神だった。

 

夕闇に赤く映えてた空が、漆黒の闇に変わる。

そこは、地下にある、屋根裏部屋みたいな、狭っ苦しいライブハウスが入ってるビルの前。

ゲートが開くと客がなだれ込み、必死の場所取りさ。

開演時間が迫る。

ステージに群がり寄る野郎達に、ガン飛ばしたってなんの意味もない。

正面だけを見てる、ヤツらの岩盤みたいなフィジカルを、押しのけかき分け、オレはステージの最前列を目指した。

 

暗闇にうっすらと、電飾が点る。

ギター、ベース、ドラムが立ち位置を決め、ステージの陰影を濃くすると、照明が全開し、オレたちの英雄が姿を現す。

森やんのゲキが飛ぶ。

ビートに刻まれ、会場ごと宙に浮いたみたいな縦ノリが始まる。

その夜も、雷鳴みたいな客の叫喚に包まれ、オレらはみんな汗まみれになって、 ステージは完結した。

 

ZA MOZZ


小屋を出ると、ひんやりした夜風が鼻っ面を横切ってゆく。

そのとき、初めて我に帰る。

オレのアンプから、プラグが抜かれた瞬間。

ライブハウス前の公園は、街のネオンサインで、ぼんやり彩られてる。

終演後しばらくは、そこいらに人溜まりができる。

出待ちの女達も、あちこちに固まってる。

 

そこで、顔馴染みの連中と目が合うわけさ。

オッス、オッスてな感じで、あいさつしてゆく。

ところが、その日に限って、とんでもない野郎達に出くわしちまった。

一時期、仲間に入れって集団で来やがって、しかたねえからツルんでた連中さ。

 

オレは、ツルむって事が大嫌い。

一匹狼で少しは顔を利かせてたんだが、そういう連中には、どうしても目をつけられちまう。

アタマには、きっちりタイマン張って、抜けるって筋を通していた。

ところがアイツら、そんな掟を屁とも思っちゃいない。 

オレと出くわしそうな場所で、張ってたに違いないんだ。

おう、ここらで見かけねえ顔だなって具合さ。

インネンつけて、ヤキ入れろって飛びかかって来やがった。

 

オレはそこで、ボコボコにされた。

タイマンでは負けるから、仲間で来るって最低なヤツらだ。

イッパシの族には頭が上がらない、ハンパモン連中さ。

頭の中ではさんざんヤツらに悪態をつくが、もうオレはビシバシ全身殴られて、地べたに這いつくばり、だんだん気が遠くなりかけてた。

 

そのとき、「アンタら、それでも男かい」

頭上から、ドスの効いた女の声が聞こえた。

「おまえらみたいな腐った連中は、こうしてくれる」

たちまち、オレに群がっていたヤツらの顔に、鉄のコブシが飛ぶ。

うわぁっと男どもの悲鳴が上がって、見れば目と鼻が潰され、流血で顔中が真っ赤だ。

 

みんな、手を出すんじゃないよ、と大声でスケバンが手下にクギを指す。

すると、男どもの顔色が真っ青になるのが、オレにもわかった。

ヤツらはすっかりビビってしまい、散り散りに逃げ去った。

事が済むと、女は路上に倒れているオレに、チラッと目をくれた。

公園の街灯が、オレの情けない姿を照らしている。

それから女は仲間に声を掛け、バイクをふかして行っちまった。

 

Untitled

それから二、三日後。

突然、見慣れない番号がオレの携帯を鳴らした。

出ると、あのスケバンだった。

だが、オレにはわからない。

どういうワケで、しばかれてるオレを助けたり、番号調べて携帯に掛けたりするのさ。

そういう謎めいた興味も湧いて、オレは翌日、赤坂近くの茶店で会うことにした。

 

女が身支度に時間がかかるってのは、ホントだな。

秋の日の、土曜の昼だ。

人混みに揉まれた風が、乾いた街を大仰に吹き上げてる。

遅れて女はやってきた。

ギラついた眼でオレを見据えると、テーブル越しの席に座った。

相変わらずのどぎついメイク。 

ウェイターに「ホット」と注文。

それ以外、何もしゃべらない。

オレも無言のままだ 。

すると、わかんないよねぇ、と初めて女の表情が緩み、

「ちょっと待ってて」とバッグを持って化粧室へ消えた。

初めて女みたいな口をきいたかと思うと、便所かよ。

十分、十五分、二十分…。

何やってんだ、あのスケバン。

 

やがて、出てきた女は、まったくの別人のようだった。

スッピンの顔に、うっすら化粧をして、髪を下ろして、涼しげなワンピースに身を包んで…。

「あたし。わかんない?」

突然、記憶喪失の頭から、その顔が甦った。 

「い、いしばし、ゆみこ!」

思わずオレは、叫んでた。

中学の同級だったんだ。

「お前、化けてるから、全然わかんなかった」

お前は、必死で笑い転げてたっけ。 

NIGHT RIDER


それからは、いつもお前が、オレの心の中にいた。

お前は、中学のときからオレに気があったようだし、オレもまんざらじゃなかったんだよな。

だけど、その頃からお前は不良のマネ事をして、オレとはどこか遠い場所にいた。

お前はバイク屋の娘で、大勢兄妹のいる貧乏暇なしの家。

オレは、この町で少しは名の知れた、土建屋の一人息子。

お互いどこかで、ちょっと引いてた。

だが、この年になって、ハンパ野郎にボコボコにされてるイカれたオレを見つけて、同じ地べたで生きてるって、思ったんだろう。

 

女は不思議だ。

あれだけイキがって夜中に暴走してるお前が、オレの前では、清純派のアイドルみたいになっちまう。

オレはあのとき、お前があまりにシャイなので驚いた。

お前は、気恥ずかしそうに、オレの腕に抱かれた。

その後も、オレの顔が見れられない風だった。

未だにお前は、オレにとって謎の女だ。

 

昔、ある女優が、こんなことを深夜ラジオで言ってた。

すべての男は、最初の男になりたがる。

すべての女は、最後の女になりたがる。

 

オレはそれでいいと思った。

お前とのランデブーは、果てしなく続くように思えた。 

だが、時間はダイアモンドみたいに輝きながら、色褪せて行く、魔法のようさ。

いつか、オレは高三になってた。

 

エンゼル・ウィズ・スカーフェイス (宝島Collection)

 

オレたちは、互いのやる事なす事に、口を挟みたくなる。

お前の二重生活にも、オレは疑問を持ち始めた。

お前は、オレと族と、どっちが大事なんだ、という気持ちが大きくなる。

なぜ、そこまでして走り続けなきゃならないんだ。

バイク屋の娘だからか?

家が貧乏で高校にも行けないからか?

冗談じゃねえぞ。

 

オレの周りの、見える景色も変わってくる。

いったいオレは、いつまで親のスネをかじって、ナンパな不良ごっこを続けてるんだ。

そんな自分に、イラ立ちを覚えることもある。

お前という女が、オレにとって、かけがえのないものになるほど、日々の生活がだらしないものに思えてくる。

ある日オレは親父に、

「ちゃんと高校くらいマトモに出て、家業を継ぐんだ。それでなきゃ、さっさと家を出て行け」

と、カミナリを落とされた。

 

ちょうどその頃。

赤坂の茶店でお前に会うと、何か様子が変だ。

グッタリしたみたいに、窓の外の景色を黙って眺めてる。

オレは、何だ、はっきり言えよと迫った。

「じゃ、聞いて」

お前は、ガキができた、と小声で言った。

「マジか。それって、マジなのか」

オレは一瞬クラッとめまいがした。

潮時だと思った。

お前のために。

いや、オレのためにも。

変わんなきゃいけないと、オレは信じた。

 

The Mondo Job.


オレは、高校を出たあと、二年の間、親父の知り合いがやってる、大阪の土建屋の世話になることにした。

だが、大阪行きの事を話すと、お前は急に、ガキの事は冗談だって言い始めた。

オレは、ホントかって、何度も聞いた。

まさかお前、オレに隠れて堕ろす気かって、喉元まで出かかった。

お前もマジで怒り狂って、オレをなじった。

オレが口に出さなくても、言いたいことはわかってるって顔だった。

「あたしをしあわせにするって? なに言ってんの。あんた、自分のことしか考えてない。あたしのなにが、わかるっていうの」

お前はそう言って、泣き笑いの表情を浮かべた。

結局、ガキが生まれることはなかった。

思い出したくもない話さ。…

 

この町を離れるとき、オレはお前に言った。

族から抜けて、オレを待っててくれ。

大阪から帰ったら、必ずお前を迎えに行くから、と。

だが、そんなオレを、お前は信じてくれてたのか?

それとも、お前はオレの事なんか忘れちまったのか?

離れて暮らすと、そんなことばかり考えた。

毎夜のごとく、夢にうなされた。

お前がリンチにあって、汚される夢さえ見た。

 

あと三ヶ月。

もうすぐ帰ると、お前に手紙を出した。

返事は来なかった。

それからまもなく、昔のダチから、お前のうわさを聞いた。

半年前、道路沿いの壁に思い切りぶち当たって、それっきりだったってことを…。

オレは、お前が死んだ事も知らなかった。

知らされなかった。

泣いたさ。

ボロボロになって、泣いた。

オレは、それっきり、生きてるのか死んでるのか。

ときどき、狂ったようになっちまう。

お前のことを思うたびに、そうなるのさ。

 

バラッドをお前に  THE MODS 

バラッドをお前に(Single)

バラッドをお前に(Single)

  • The Mods
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
さらば青春の光 [DVD]

さらば青春の光 [DVD]

  • 発売日: 2012/05/09
  • メディア: DVD
 

バラッドをお前に(Single)