MIDNIGHT HERO

デラシネのブログ。明日へむかって。

ブログで短編小説を。Fin 。 中森明菜。

Blue rose

Fin 

貴方には、爪を噛む癖があった。

出会った頃、私は貴方の、少しの仕草も見逃さなかった。

すべてが素敵で眩しくて、愛おしかった。

 

ふたりで迎える朝、起き出すなり私の唇を奪おうとする貴方。

そんなときの私は、このまま死んでもいいと思っていた。

いつまでもこのまま、一緒にいられるなら、そのまま星になってもいい。

 

ある晩、貴方は酔いつぶれて私の部屋に入って来た。

「近くで飲んでた」

そう言って貴方は、私のベッドに横になり、いくぶん荒い呼吸をしていた。

「水をくれ」

私は冷えたミネラルウォーターとグラスを持っていき、貴方の目の中を覗き込んだ。

貴方は、グッとのどを潤すと、また横になった。

 

あの癖が出た。

私は、愛おしく貴方を見つめている。

そのとき、

「ああ、やめるよ」と貴方は笑った。

そして、私を抱き寄せようと起き上がった。

私のなかの、体中を走る、心の糸が切れる音。…

 

私は、貴方の爪を噛む癖まで愛していた。

貴方は、誰に言われたの…。

 

貴方は、何も知らない子供のように、私を抱いた。

その日から、私の中の貴方は、一抹の影になった。

私の体が、その影を拒んでいるのが悲しかった。

それでもやはり、私は貴方とひとつでいたかった。

 

私は、貴方を狙うスナイパーになった。

貴方の罪状は、私の心を奪い去り、裏切ったこと。

それでも私を愛している素振りを、やめないこと。

 

貴方に抱かれるたび、私は貴方を狙撃したくなる。

いつかいつか…。殺めたい、貴方を。

 

Fin      中森明菜

Fin

Fin

  • 中森明菜
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes
Fin (2012 Remaster)

Fin (2012 Remaster)

  • 発売日: 2018/06/06
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

Fin