MIDNIGHT HERO

デラシネのブログ。明日へむかって。

ディスク・ブログ 💿

あるがままになさい。〜世界が壊れそうな今を刻む~

世界は、新型コロナウィルスの蔓延で、死に瀕している。 仕事は無くなり、生計はひっ迫し、家族や知人がいつウィルスに感染し、死に追いやられるか、食べていけなくなるか、わからない状態である。 せめて、いい音楽や小説、映画などの芸術で、今を癒されて…

安倍首相、謎の国会答弁 PART 2。#募ってはいるが募集はしてない⁉️

また出ました、晋三君の不思議な日本語シリーズ。 12月の国会では、これをやらかさないために、全力を挙げて、逃げ切りを図った晋三君です。 しかし、ボロは出るものですね。 次の動画をご覧ください。 やっぱりこのシーン衝撃的すぎた。安倍首相「私は募っ…

今川勉への手紙。~名も無きエコーズ・ファンより~

前略、今川勉 様。 貴君の訃報に接し、いささか狼狽しながら、この手紙を書いています。 私は、貴君の事を、ほとんど何も知らないのです。 けれども、私は貴君の叩くドラムの音を、自身の生活のなかで、知らず知らずのうちに、何万、何十万回と聴いて生きて…

愛と夢。未来への希望を託す歌。

新年、明けましておめでとうございます。 今年最初は、未来への希望を託す歌、と題してお送りします。 話の流れで、タイトルには何の関係も無い曲もたくさんありますが、今年もよろしくお付き合いのほどを。 まずは1曲目。 未来への夢と希望を込めて。 リッ…

桜の歌。懲りない安倍晋三の諸行無常。桜を見る会の大茶番。

本日は、号外版ディスクブログ。 またやってくれたよ、晋三サン。 桜を見る会の大茶番。 公のものを私物化する得意技が、今回も炸裂した。 森友問題、加計問題を始めとするいつものやり口だね。 こんな人が総理大臣って、笑うしかないね。 ということで、も…

安倍首相、謎の国会答弁。さあば? でえた? はきご?

あのう、突然ですが、今日のニュース見ましたか? あまりに笑えるので、皆さんにもおすそ分けせねば、と思いました。 次の動画を見てください。 面白いよー。 (多分)うまれてはじめて練習をせず、ぶっつけ本番で「サーバー」を読んでみた人を国会で見つけ…

ラグビーの歌。私的日本ラグビー回顧録。

9月から日本ではラグビーワールドカップが開催され、大いに盛り上がりました。 日本代表チームは、目標としていたベスト8、決勝トーナメント進出を果たし、日本中に、ラグビーブームを巻き起こしました。 本日は、ラグビーオールドファンの方々、にわかファ…

さても哀しき恋の歌。中森明菜・金屏風事件の暗闇。

本日は、さても哀しき恋の歌、と題してお送りします。 それでは、1曲目。 アンダルシアに憧れて 真島昌利 アンダルシアに憧れて / 真島昌利の歌詞 アンダルシアに憧れて/ドクターペッパーの夢 アーティスト: 真島昌利 出版社/メーカー: トライエム 発売日: …

ろくでなしの歌。

本日は、ろくでなしの歌と題してお送りします。 それでは1曲目。 ろくなもんじゃねぇ 長渕剛 ろくなもんじゃねえ / 長渕剛の歌詞 ろくなもんじゃねぇ 長渕 剛 J-Pop ¥250 provided courtesy of iTunes LICENSE (24bit リマスタリングシリーズ) アーティスト…

反戦歌・反原発ソングの名曲選。

本日は、反戦歌・反原発ソングの名曲選と題してお送りします。 昨今、日韓関係は10年くらい前と同じ国同士かと思うほど、最悪の状態です。 かつての韓流ブームはなんだったのかと、本当に不思議でならない。 だけども、挑発合戦をやって険悪なのは政府間やマ…

甲斐よしひろのサウンドストリート カラオケ大会 PART 2。

お暑うございます。 お盆の季節ですね。 故郷に帰省中の方もたくさんおられることでしょう。 ということで、今回は「1979年の甲斐バンド特集 番外編」。 甲斐よしひろのサウンドストリート、カラオケ大会PART 2 の録音動画をお送りします。 1979年12月19日 O…

J・ROCK の隠れた名曲 PART 4。日韓問題を考えるために必要なこと。

本日は、 J・ROCK の隠れた名曲 PART 4 と題してお送りします。 このシリーズは、PART3 以来、ほぼ2年振り。 前回は、ジャックスなどを紹介し、当時の世相についてお話ししました。 今回もそんな流れでお送りします。 それでは、本日の1曲目。 渇いた街 …

ライヴハウス「照和」出身のアーティスト特集。或いは、彼女に何が起こったか?

本日は、照和出身のアーティストを特集します。 最近、チューリップの「心の旅」についての記事を読み、これをやることにしました。 これが1曲目です。 心の旅 チューリップ 心の旅(チューリップ) / コード譜 / ギター - J-Total Music! 心の旅 チューリ…

テレビドラマの歌。幻の名作・市川森一「親戚たち」。

本日は、テレビドラマ、幻の名作の第2弾。 市川森一・脚本のドラマ「親戚たち」をご紹介します。 懐かしく思われる方もいらっしゃるでしょう。 まずは、ドラマのテーマ曲。 想い出のグリーングラス これがドラマのオープニング映像です。 「親戚たち」は、長…

追悼・萩原健一。永遠の不良少年の死に寄せて。

昨夜、衝撃のニュースが流れた。 ショーケン、死す。 オレたちの時代のヒーローが逝ってしまった。 小学校の頃か。 夕方、学校から帰って来ると、日本テレビ系列で「傷だらけの天使」の再放送をやっていた。 今やドラマ界の帝王となっている水谷豊、名優・岸…

テレビドラマの歌。幻の名作「白昼の死角」。

これから、テレビドラマでメディア化されていない名作ドラマを紹介したいと思います。 とはいえ、ビデオにもDVD にもなっていない作品なので、現時点で観ることは大変困難な状況にあります。 しかし、そんな素晴らしい名作が、陽の目を見ずに埋もれていくの…

学園ドラマ、奇跡の快作。「3年A組 今から皆さんは、人質です」。

本日は、号外版ディスクブログ。 1月から始まった「3年A 組 今から皆さんは、人質です」。 昨日から、録画していた全話を、一気に観た。 民放の連ドラをほぼ観ない私が、朝ドラ好きゆえに、「半分、青い。」の永野芽郁の「とんでもないドラマです」という…

日本のフォークソング名曲集。PART 2。森鷗外と寺山修司の事など。

本日は、日本のフォークソング名曲集 PART2と題してお送りします。 PART 1 に続き、今回もこのグループの曲からです。 冬の花火はおもいで花火 NSP 「冬の花火はおもいで花火」歌詞 冬の花火はおもいで花火 N.S.P フォーク ¥150 provided courtesy of iTune…

放送禁止歌の名曲選。PART 2 。

本日は、放送禁止歌の名曲選 PART2をお送りします。 この特集の PART1は、すごく反響が大きくて、なぜこれほど、放送禁止歌にみんなが関心を持つのか、ある意味、考えさせられましたね。 今回も、曲に入る前に、森達也氏のドキュメンタリーに触発されて生…

やさぐれ男とあばずれ女の恋の歌。

本日は、やさぐれ男とあばずれ女の恋の歌、と題してお送りします。 思春期の若い子には、なるほど、年配の方々には、あゝ、わかるわあってな感じの特集です。 まずは1曲目。 こんな感じの歌では、かなり古い歌です。 私の世代の歌なんで、どれも古いんです…

アジアの歌。戦争の爪跡から歌が生まれた。

本日は、アジアをテーマにした曲をお送りします。 まずは、1曲目。ミスチルのこの曲。 タイトルもそのものズバリ、ASia 。 桜井和寿のMC もレアです。 Asia Mr.Children Asia(エイジア) Mr.Children 歌詞 Asia(エイジア) Mr.Children J-Pop ¥250 provided c…

真冬の洋楽特集。クイーンのあとさきにくるもの。

本日は、真冬の洋楽特集と題してお送りします。 それでは、1曲目。 今、空前のブームですね。 Bicycle Race Queen クイーンの「バイシクル・レース」の歌詞を解説 バイシクル・レース 1966カルテット ロック ¥250 provided courtesy of iTunes バイシクル・…

明日に向かって生きる歌。勝ちに行こうぜ❗️

2019 年になりました。 皆さま、お久しぶりです。 昨年は、いろいろありました。 残念なこともたくさんありましたが、とにかく前を向くしかないでしょう。 上を向いて歩きましょう。 終わったことは忘れて、ここから勝ちに行きましょう❗️ 今日は、私の好きな…

女性ロック・ヴォーカリスト特集。 世紀末思想、或いは信仰と懐疑について。

本日は、女性ロック・ヴォーカリストの特集をお送りします。 1曲目。 デビュー当時、ガールズ・ロック旋風を巻き起こし、一世を風靡した相川七瀬。 夢見る少女じゃいられない 相川七瀬 夢見る少女じゃいられないの歌詞 | 相川七瀬 夢見る少女じゃいられない…

デビュー曲特集。「さらば、哀しみのドラッグ」 夜回り先生に学ぶ。

本日は、デビュー曲特集をお送りします。 それでは1曲目。 バス通り 甲斐バンド バス通り / 甲斐バンド ギターコード譜 バス通り 甲斐バンド ロック ¥250 provided courtesy of iTunes バス通り アーティスト: 甲斐バンド 出版社/メーカー: EMIミュージック…

朝ドラの歌。 おらの「あまちゃん」論 PART 4。スネに傷持つ大人たちの癒しの物語(後編)

本日は、 おらの「あまちゃん」論 PART 4 。 さすがに、マニアック過ぎますか? そんな巷の声にもめげず、どんどんいきます。 それでは、1曲目。 アキが上京して所属する、GMT6 のメンバーと共に。 暦の上ではディセンバー アメ横女学園 plus GMT6 暦の上で…

朝ドラの歌。 おらの「あまちゃん」論 PART 3。スネに傷持つ大人たちの癒しの物語(前編)

本日は、おらの「あまちゃん」論 PART 3 です。 前回予告したとおり、今回はいよいよ「あまちゃん」の物語を読み解いていきたいと思います。 まずは1曲目。 グループ魂、出てましたね、カバーズ。 そこで歌っていた、1984年のヒット曲。 哀しくてジェラシー…

朝ドラの歌。 おらの「あまちゃん」論 PART 2。クドカンのルーツを探る。

「あまちゃん」ファンの皆さま、大変長らくお待たせいたしました。 今回は、おらの「あまちゃん」論 PART 2 をお送りします。 まずは、1曲目。 作者・宮藤官九郎の大ヒット・ドラマの主題歌。 タイガー&ドラゴン クレイジーケンバンド タイガー&ドラゴンの…

朝ドラの歌。おらの「あまちゃん」論 PART 1。朝ドラと日本人について。

今回は、朝ドラ特集。 4月から始まった「半分、青い。」も好調だね。 永野芽郁の天然ぶりも可愛いし、北川悦吏子の脚本も面白い。 漫画家役で豊川悦司が登場する頃からハマってまって、オンデマンドで最初から観なおした。 ついには、「半分、青い。」だけで…

若き日の歌。哀しみの青春と太宰治「心の王者」。

「人は、泣きながら生まれてくる」 五木寛之の言葉だ。 今朝、目覚めると、頬を涙が伝って流れた。 夢にうなされたのだ。 若き日の哀しみは、いつまでも去る事がない。 心にいつまでも巣食っている。 起き上がり、自分に呟いた。 もう終わったんだ。あの日々…