MIDNIGHT HERO

デラシネのブログ。明日へむかって。

学園ドラマ、奇跡の快作。「3年A組 今から皆さんは、人質です」。

本日は、号外版ディスクブログ。

1月から始まった「3年A 組  今から皆さんは、人質です」。

昨日から、録画していた全話を、一気に観た。

民放の連ドラをほぼ観ない私が、朝ドラ好きゆえに、「半分、青い。」の永野芽郁の「とんでもないドラマです」という言葉に釣られ、「まんぷく」の弁護士役で出ていた菅田将暉の存在感に魅了され、日テレの正月番組での菅田将暉永野芽郁ゲスト出演による番宣に次ぐ番宣に刷り込まれ…。

とりあえず、番組主題歌を。

学園ドラマの主題歌では、懐かしい「TRAIN-TRAIN 」「情熱の薔薇」を放った真島昌利甲本ヒロトのバンド。

生きる        クロマニヨンズ

ザ・クロマニヨンズ - 生きる 歌詞

m.youtube.com

m.youtube.com

生きる

生きる

 

初回から、教師が学校を乗っ取るというインパクトで、どれだけ話を繋げていけるのか、疑心暗鬼のまま見始めたのだが、次の一手がなかなか読めないうちに、ドラマはグングン新たな展開で、飽きさせない。

そして、ようやく教師・柊の意図が読めてくると、ドラマは学園ミステリーの枠組を超えて、観る者へのストレートな社会的メッセージを真っ正面から突きつけ、大団円を迎えた。

視聴率は取れそうだが、ドラマとしてどこまで生き延びられるか、という私の当初の想定をまったく裏切って、素敵なドラマだった。

菅田将暉演じる教師・柊のメッセージが、このブログで私が発信したいという想いそのものだった、というのが正直な私の感想だ。

まさに、よくぞ言ってくれた、という想いが溢れた。

キーワードは、Let’s think だ。

ネタバレは読まずに、まず観て欲しい。

私が菅田将暉を初めて見たのは、昨年一夜限りで復活したフジテレビの「LOVE LOVE 愛してる」。

菅田将暉の父親が、吉田拓郎の大ファンという縁でゲスト出演した。

いかに私が流行なんぞに疎い人間であるか、ただの中年オヤジであるかがバレてしまうが、菅田将暉を知ったのは拓郎がキッカケでしかなく、これを見ていなければ、このドラマを観る事もなかったかもしれない。

今日までそして明日から     吉田拓郎

吉田拓郎 今日までそして明日から 歌詞

今日までそして明日から

今日までそして明日から

  • provided courtesy of iTunes

何がよかったかといっても、今、SNSスマホから私のブログを読んでくれている若者たちに、伝えたいメッセージがギッシリ詰まっている、という事以外にはない。

何度も繰り返すが、これは、私がネットを使いブログで記事を書いている意味そのものを、体現してくれたドラマだ。

下の記事にネタバレはないから、これくらいを読んだら、早速観てみようよ。 

Hulu で配信している。

f:id:FOREVERDREAM:20190314224053j:plain