MIDNIGHT HERO

デラシネのブログ。明日へむかって。

シブい硬派な歌。或いは、文学の役割とは何か。

本日は、シブい硬派な歌、と題してお送りします。

それでは、1曲目です。

これは、「刑事物語」という武田鉄矢が原作・脚本・主演の映画の主題歌。

唇をかみしめて     吉田拓郎

唇をかみしめて 歌詞


吉田拓郎 つま恋 2006 

唇をかみしめて

唇をかみしめて

刑事物語

刑事物語

 

 この映画の封切は、1982年。

武田鉄矢吉田拓郎に曲を依頼したのですが、詞も拓郎が自ら書くと鉄矢に言い、この広島弁の歌詞が生まれたそうです。

古風で、人情味溢れる、風采の上がらぬ刑事をモチーフに、バンカラな男の友情を歌って、これぞ拓郎節全開の、拓郎自身も快心作と認める歌です。

この頃の拓郎は、さっぱり売れてなかったのですが、バブル崩壊へと突き進む浮かれた時代にあって、これは必然と言えたかもしれない。

アメリカを押しのけて、世界一の経済的繁栄を手にした日本の若者たちは、モノとカネがあふれる世相の中で、辛気くさい男の友情の歌などには見向きもしなかったのです。

オマエ、ヨシダタクロウなんか聴いてんの、井上陽水ならともかく、と話す男の会話を、実際聞いたことがあります。

その年、一番売れていたのは、「君を抱いていいの」と歌っていたオフコース

泥臭く無い、クリアな小田和正の歌声と洗練されたメロディで、解散か否かという話題性も拍車をかけて、絶頂期にありました。

とはいえ、吉田拓郎という存在は「新人類」と呼ばれた若者に受けなかっただけで、日本のシンガーソングライターの草分けであり、まったく別格の存在でしたから、時代に歓迎されずとも、十分勝負できたのです。

当時の拓郎は、今年のライバルはオフコースだ、なんて対抗心を燃やしてましたし、まったく音楽的にも、枯れてはいなかったのです。

コアなファンは、しっかりとついていました。

 

分野は違いますが、その頃の吉田拓郎は、「鉄腕アトム」「ジャングル大帝」などで一世を風靡したあとの、漫画家・手塚治虫に似ていました。

手塚ブームが去り、自分が立ち上げたアニメーション制作会社の虫プロダクションが倒産し、漫画の世界では劇画ブームや妖怪漫画ブームに圧され、過去の遺物とみなされるような、曰く「冬の時代」。

漫画の神様と呼ばれる手塚治虫さえ、そんな時期を経験しているのです。

しかし、そんなときでも、手塚は「火の鳥」を始めとする素晴らしい作品を創造しています。

1973年、少年誌で連載した「ブラックジャック」で、手塚治虫は漫画界での完全復活を遂げました。

「冬の時代」。

それは、手塚の才能をもってすれば、一時期の不遇に過ぎなかったと言えます。

 

2曲目。これは、おすすめ動画が無いのが、残念。 

 シリアス         長渕剛

シリアス / 長渕剛の歌詞 

いつかの少年 (24bit リマスタリングシリーズ)

いつかの少年 (24bit リマスタリングシリーズ)

 

 この曲は、1992年東京ドームバージョンがすごくいい。

動画は「JAPAN」アルバムバージョンですが、ギター1本で、歌い方とテンポ、アレンジを変えると、これだけよくなるのか、という見本のような曲です。

シブいです。

歌詞も、なかなかです。

人生の辛酸を舐めた人間の、吐いた言葉だと言える。

この頃の長渕を、私は知らない。

個人的に、ちょうど社会人になったばかりで、音楽から遠のいていた。

自分の世界を切り拓くことで、手いっぱいだった。

しかし、よかったのだろうな、とは思う。

この曲と、このパフォーマンスを見れば、そう思う。

LIVE’92 JAPAN IN 東京ドーム [DVD]

LIVE’92 JAPAN IN 東京ドーム [DVD]

 

3曲目。これも本人動画無し。初音ミクバージョンです。

 Bye Bye My Love (U are the one)        サザンオールスターズ

Bye Bye My Love(U are the one) / サザンオールスターズの歌詞 |『ROCK LYRIC』

 

KAMAKURA(リマスタリング盤)

KAMAKURA(リマスタリング盤)

 

ところで、初音ミクを、つい最近まで人間だと思っていた人、いませんか?

恥じることはありませんよ。

私もそうでしたから(笑)。

コンピューターが、人間の歌を歌うのが間違ってるんです。

 

本題に入りましょう。

なぜ、この曲がシブく、硬派なのか?

他のサザンの曲と基本、同じではないか?

知ってる人もいるでしょうが、同時代を生きてきた人間としては、これは語らずにはいられない。

1985年。「We  are the World」という洋楽が流行ったのですね。

当時のアメリカのスーパースターたちが総出演して、「USA for Africa」というオールスターチームを組んだわけですね。

とにかく、アメリカのスーパースターはすべて参加したと言ってもいい、アフリカのチャリティ・ソングを作って、全員で歌ったのです。

作曲はマイケル・ジャクソンライオネル・リッチー、プロデュースがクインシー・ジョーンズ、それぞれのパートでリードヴォーカルをとったのが、またすごい。

今でも有名どころの、スティーヴィー・ワンダーダイアナ・ロスボブ・ディランブルース・スプリングスティーンビリー・ジョエルレイ・チャールズポール・サイモンシンディ・ローパーマイケル・ジャクソンなどなど、とにかくすごい。

そのアンサーソングとして桑田佳祐が作ったのが、副題にあるとおり「Bye Bye My Love(U are the one)」この曲なのです。

桑田君は、ときどきすごく、ロックンローラーすることがありますね。

己れが、足元にも及ばない存在であるにもかかわらず、そいつに噛みつく。

このメンツが、世界はひとつ、なんて歌ってるときに、オマエはひとりぼっちなんだ、いいことだよね、You are the one、なんて堂々と刃向かうわけですから、根性あります。

そこが、硬派な、桑田佳祐の一面でもあるわけですね。

だから、この曲は、シブい、硬派な曲と言えるわけです。

桑田君は、お道化が好きなんだと思います。

カッコだけの、スーパースター気取りな野郎、鼻持ちならない、見せかけの権威主義者なんかを見ると、茶化したくなる。

お道化者の、寅さんやチャップリンなんかが、彼の底流にあるのです。

彼らお道化者にかかれば、ふんぞり返った野郎は阿呆に見えてしょうがない。

だから、権威ある紅白歌合戦に出ると、三波春夫の格好をしたり、ヒトラーチャップリンかよくわからないチョビ髭をつけて歌ったりする。

実は、とてもシャイな人、太宰治的に言うと、含羞の人なんだと思います。

道化の民俗学 (岩波現代文庫)

道化の民俗学 (岩波現代文庫)

 
道化的世界 (ちくま文庫)

道化的世界 (ちくま文庫)

 

 

 MURDER GAME      ARB

MURDER GAME/ARB - 歌詞

MURDER GAME

MURDER GAME

  • A.R.B.
  • ロック
  • ¥250
ARB COMPLETE BEST 1978?1990魂

ARB COMPLETE BEST 1978?1990魂

 

この曲が発表された当時、事件が起こっていた。 

東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件。

犯人とされた宮崎勤は、すでに死刑となり故人である。

この曲の歌詞が、当時、この事件の犯人を想起させるとして、NHK で放送禁止となったという。

事実関係はともかく、詞の内容はこの事件に直接言及したものではないと思われる。

むしろ、詞は、その頃から誰ともなく感じていた、時代が生み出す「ヤツ」のような人間のメンタリティを、早々とキャッチしたものだ。

誰が「ヤツ」となってもおかしくない、そんな時代の始まりを告げる歌だったと思えるのだ。

今、この詞を聴いて、現代を歌ったものだと言われても、なんら違和感がない。

石橋凌の詞は、社会と個人、その軋轢(あつれき)を歌うという視点を持った、本物のロッカーのものだ。

 

それから8年後、あの「神戸連続児童殺傷事件」通称「酒鬼薔薇聖斗(さかきばらせいと)事件」が起こる。

このような事件に遭遇したとき、大事なのは、あいつは特別なやつだから、やったんだ、と切り捨てないことだ。

そのような事件を起こした犯罪者を、普通の感性を持った一般人と切り離し、異常人として片づけない、そういう視点を持つことだ。

人間の心の闇には、誰しも、宮崎勤やサカキバラが住んでいる。

嘘、と思った方。

あなたは、相模原障害者施設殺傷事件、秋葉原通り魔事件、その他の悲惨な事件を、テレビのニュースで見聞きして、なんと思ったろうか?

事件の報道を、心待ちにしている自分がいなかっただろうか?

人間の心の奥底には、理性で防御した良心と合わせ鏡に、はかりしれない暗闇が潜んでいるものだ。

日常の生活の中では顕れないことが、非日常の場面では表面化する。

それが最も端的に顕れるのが、戦争というやつだ。

戦争は、人間の狂気を日常化する。人殺しを正当化し、正義とみなす。

「大勢の人間を殺せば英雄だが、一人を殺せば殺人犯だ。」

そう言ったのは、チャップリンの「殺人狂時代」の主人公だ。

殺人狂時代 Monsieur Verdoux [Blu-ray]

映画チラシ 有楽座「チャップリンの殺人狂時代」監督/主演 チャールズ・チャップリン 出演 マーサ・レイ、マリリン・ナッシュ

人間とは何か?

人間性の本質とは何か?

それを教えてくれるのが、文学などの言語芸術なのだ。

現代文学は、言語芸術が担って然るべき、人間性の探究、モラリストとしての使命を、なおざりにしているように思えてならない。

芸術の百花繚乱は結構だが、いささか偏向しているように思える。

事実、音楽と違って、文学は大衆に支持されていない。

いくら高尚で、優れていても、若者に語られるものでなければ、時代から取り残された証拠なのだと思う。

お笑い芸人の作品が一時的にブームを生んだとしても、偶発的なもので終わるだろう。

ブームの背景に、読者の、心底からの人間への関心が見えないからだ。

最早、翳りが見えていると思うのは、私だけだろうか。

読まれているのは、エンターテイメントだ。

あらためて、文学の役割とは何かを問うべきだ。

人間とは何かを。人間はどういうものかを。

かつて、このようなテーマを扱った偉大な作家の代表格が、ドストエフスキーであろう。

日本では、坂口安吾や、中上健次などがいる。

是非、本物の文学に、触れて頂きたい。

罪と罰(上)(新潮文庫)

罪と罰(上)(新潮文庫)

 
岬 (文春文庫 な 4-1)

岬 (文春文庫 な 4-1)

 
風と光と二十の私と (講談社文芸文庫)
 

最後の曲。鋼鉄の魂が、今、必要だ。

マッスル      甲斐バンド

マッスル/甲斐バンド - 歌詞

マッスル

マッスル

GOLD(紙ジャケット仕様)

GOLD(紙ジャケット仕様)

 

このアルバムには、暑い暑い、夏の調べがギッシリ詰まっている。

1983年夏に、リリースされた。

個人的に、思い入れの深いアルバムだ。

マッスル。

この曲も、やはり夏の歌だ。

この歌詞とメロディーが流れると、私は、そのときの暑い夏の出来事を思い出す。

オレたちの愛には、鉄の魂がいる。

鋼鉄の魂が。

そして、これから幾春秋繰り返される時の流れに、必要となるのだ。

wave