MIDNIGHT HERO

デラシネのブログ。明日へむかって。

傷ついたココロの歌。落ちこぼれの君に。

今回は、傷ついたココロの歌、と題してお送りします。

若いとき、思春期と言われる頃は、本当に心が浮き沈みの嵐に吹きさらされて、落ちこんでどうしようもない、という時期があります。

クラスメイトの一言に深く傷ついたり、先生の授業中の話が自分への悪意を含んでいるように聞こえたり、親の言う事といえば世間体ばかりを気にして、まるで自分が一番の悪者に思えてきたり…。

そんなとき、何かの救いとなるものがないと、本当のワルになってやる、とヤケになる。そこからは、もう誰の言う事も信じられない。

グレた奴同士が仲間になって、底へ底へと落ちてゆく。

だけど、そうなる前のきっかけが1つあれば、 救われる。

それがロックであったり、親友の存在であったり、何かひとつあれば…。

何もかも信じられない君は、こんな風に思うかもしれない。

誰かの思惑       辻仁成

誰かの思惑 / 辻 仁成 の歌詞 

Sq.-スクエア-

Sq.-スクエア-

 

 角張った毎日に息がつまるよ

誰かの思惑に操られてる

「自分らしさ」なんて歌の中だけ 

振られても振られても

起き上がったのはいつのこと

自分なんてあるようでない

これが大きな曲がり角  今度の恋は逃げられない

どんなに退屈で どんなに嘘っぽくても

どんなに操られても 踊らされない

               詞・曲    辻仁成   (歌詞は一部中略しています。)

Hey, Bad Boy

狂った夜      甲斐バンド

狂った夜 - 甲斐バンド - 歌詞 

古い頭から取り出す常識ってナイフを

いつだって俺たちに奴らは突きつける

明日はもういいよ 嘘だらけの世の中

今日だけを生きるよ

笑いながらあの娘をこの胸に

笑いながらあの娘を 抱けるはずがない

       詞・曲    甲斐よしひろ (歌詞は一部中略しています。)

狂った夜

狂った夜

  • provided courtesy of iTunes 
英雄と悪漢

英雄と悪漢

 

親、学校、家族、すべては敵に見える。

他人の不幸が、たまらなく快感だったりしてくる。

俺より不幸な奴がいるんだ、と…。

Loneliness

青空ひとりきり      井上陽水

青空、ひとりきりの歌詞 | 井上陽水 

何かを大切にしていたいけど

体でもないし心でもない

きらめくような想い出でもない

ましてや我が身の明日でもない

浮雲 ぽっかり 浮雲 ひとりきり

          詞・曲   井上陽水

青空、ひとりきり

青空、ひとりきり

青空、ひとりきり

青空、ひとりきり

 

 叫びたい。わめきたい。この孤独地獄から救ってくれ。

でも、誰も助けてはくれない。

ひとりで這い上がるしかないのだ。

生きることの厳しさも、素晴らしさも、君はまだ何もわかっちゃいない。

もがくだけ、もがけ。それが、生きた証となる。

朝の来ない夜はない。

愛の夢をくれ        エレファントカシマシ

愛の夢をくれ / エレファントカシマシの歌詞 

誰か俺のこと 救ってくれるというのか

短いようで長い 毎日を転がり続ける

この町にゃ 愛が溢れてるのに

この体 もてあましてたぜ

どうか どうか ココロ震わせる

熱い熱い 愛の夢をくれよ

それでも それでも あなたなしではいられない

          詞・曲 宮本浩次

愛の夢をくれ

愛の夢をくれ

愛の夢をくれ

愛の夢をくれ

  

いつしか、泣き疲れて、まどろみがやってくる。

真夜中、ふと目が覚めて窓を見上げると、 明るい月明かりに、うっすらと照らされている自分に気づく。

何度倒れてもいい。また立ち上がればいい。

必ず、明日はやってくる。

最後の夜汽車       甲斐バンド

最後の夜汽車 / 甲斐バンドの歌詞 

最後の夜汽車

最後の夜汽車

最後の夜汽車

最後の夜汽車

 

Midnight Station II

 ここまで、説教くさく書いたのは、私の実体験から想う、若い人へのメッセージだったつもりなんだけど。

人間は、いつもいつも強くはいられないし、めげるときだってあるんだよね。

私は、高校の頃、当時では珍しかった登校拒否をやって、まあ進学校に入ったがために、落ちこぼれだった。

学校でもいじめられた。

シカトされたり、「生ける屍」っていう意味で、「シカちゃん」と呼ばれてた。

悔しかった。この悔しさは、死んでも忘れない、と誓った。

これが、私の原点なんだ。

学校サボってね、あちこち街を夢遊病者みたいにうろついて、気づいたらいっぱい万引きしてたワケよね。

もちろん、万引きしてるって自覚はあったと思うんだけど、善悪の意識はまるでなかった。

今思うと、オレはこんなにつらいんだ、悪さしてんだから、みんな気づいてよって、無意識に叫んでたんだね。

最後には、母親に万引きしたブツをワザと見つかるように置いといたんだ。

母親は泣きじゃくって、ひとりで品物を店に返しに行ったよ。

ここらで、やめとこう。

最後の曲です。

どうしてこんなに悲しいんだろう      吉田拓郎

どうしてこんなに悲しいんだろう 吉田拓郎  歌詞 

どうしてこんなに悲しいんだろう

どうしてこんなに悲しいんだろう

 

 今日は、前の「いじめの歌」の特集に続いて、若い人たちへのメッセージを込めて、思いっきり個人的に好きな歌をお送りしました。

それでは、このへんで。お休みなさい。

Rising sun

 このブログでは、みなさんのご意見ご感想などをお待ちしています。

どんな曲を聴きたいか、どんな歌の特集をしてほしいか、聴いた曲の感想、思い出、などなど、お気軽に、コメントをお寄せください。