MIDNIGHT HERO

デラシネのブログ。明日へむかって。

雌伏の歌。すなわち、いつか必ず、這いあがってやるという奴の歌。

 本日は、雌伏の歌、と題してお送りします。

雌伏、捲土重来、臥薪嘗胆、いろいろ言い方はありますが、要するに、今にみてろ、いつか、見返してやる、必ず這い上がってやる、という魂の歌です。

いつも、このブログでは、これはいい曲だというのを厳選してお送りしていますが、今日は、そのなかでも特に、極上の曲が揃っているので、是非とも最後までお付き合いください。

 では、1曲目。

歌舞伎町の女王      椎名林檎

歌舞伎町の女王 / 椎名林檎の歌詞 |『ROCK LYRIC』

歌舞伎町の女王

歌舞伎町の女王

  • provided courtesy of iTunes
歌舞伎町の女王

歌舞伎町の女王

 

いいですね、これ。曲もいいのですが、まず歌詞がすごい衝撃でした。

こんな歌詞がイマジネーションで書けるって、林檎ちゃん、すごいですね。

巻き舌で歌うのが、なんとも言えません。

明日からはこの街で、娘のあたしが女王、と言い切る。

これが今日のテーマです。 

2曲目。

春よ来い     はっぴぃえんど

春よ来い / はっぴいえんどの歌詞 |『ROCK LYRIC』

はっぴいえんど

はっぴいえんど

 

これは、年の瀬になると、よく聴きました。

お正月にひとりぼっちで、何か心に期すものがあるのでしょう、悔やみながらも、ここまできたら、やってやる、春よ来い、そういう歌です。

大瀧詠一が歌ってます。やはり歌詞がいいです、松本隆

では3曲目。

嫌んなった     憂歌団

嫌んなった / 憂歌団の歌詞 |『ROCK LYRIC』

嫌んなった

嫌んなった

 

憂歌団のボーカル、木村充揮のダミ声、大阪弁とブルースのノリがキマってますね。

憂歌団では、私の一番好きな歌です。「陽の目を見るかも、このオレだって」と誰しも呟きながら、生きているのです。

次の曲。

ラズベリードリーム      レベッカ

RASPBERRY DREAM / レベッカの歌詞 |『ROCK LYRIC』

RASPBERRY DREAM-revive-

RASPBERRY DREAM-revive-

  • provided courtesy of iTunes
RASPBERRY DREAM-revive-

RASPBERRY DREAM-revive-

 

 レベッカの大ヒット曲。

月の光を浴びながら、スターとして成功を夢見る乙女のダンス、ダンス、ダンス。

「フラッシュ・ダンス」という映画がありますが、これを聴くと私はその映画を思い出します。

NOKKOが「魅力」という歌詞を「ミリキ」と歌ってるのも魅力です。

Night

 生きてゆくには、時に屈辱に会い、それを耐え忍び、乗り越えることが必要だ。

しかし、どうあらがっても、ぶち破れない壁が立ち塞がり、それを壊すには、忍耐と努力だけでは、だめな場合があるのも人生だ。

そんなときは、自分がここなら掘り崩せるという、自分が好きな抜け穴を探して、少しずつでも掘り進んでいくことが必要だ。

それが、そのまま己れの生きざまとなる。

今、絶望に打ちひしがれているかもしれない君に、この曲を捧げる。

デラシネ       ECHOES

 

f:id:FOREVERDREAM:20170711210625j:plain

 詞・曲      辻仁成

デラシネ

デラシネ

  • ECHOES
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
デラシネ

デラシネ

 

それでは、最後の曲になります。

このブログのテーマソング、真夜中のヒーロー。 

真夜中のヒーロー      エレファントカシマシ

真夜中のヒーロー / エレファントカシマシの歌詞

m.youtube.com

真夜中のヒーロー

真夜中のヒーロー

  • provided courtesy of iTunes
真夜中のヒーロー

真夜中のヒーロー

 

 町の星空に  孤独な誓いを立てるだろう

オレがヒーローさ  いつだって オレが

くだらねえ日々を  シャレたふりで  そっと すり抜ける

いつの日かすべてを   真夜中のヒーロー   抱きしめるさ

             詞・曲      宮本浩次

私の闘いも、まだまだ終わっちゃいない。

闘い続ける、真夜中のヒーロー。それが、私の生きざまなのだ。

Day 39: A cool dark night