MIDNIGHT HERO

デラシネのブログ。明日へむかって。

雨の歌。

お題「雨の日に聴きたい曲」

ようやく梅雨らしくなって、毎日が雨降りですね。ちょうど「お題」も出てることなので、今回のディスクブログは、雨にまつわる名曲の特集です。

それでは1曲目。雨の歌では、これだろうというやつを。

雨の物語     イルカ

雨の物語 イルカ - 歌詞タイム

イルカ 12CD-1119A

イルカ 12CD-1119A

 

 これは、伊勢正三の曲です。カバーもたくさんの人にされています。私は、イルカのオリジナルが好きで、昔、シングルレコードを買いました。恋愛の本質を本当についた歌詞で、学びましたね。

  誰もが物語  その1ページには胸弾ませて  入ってゆく

 僕の部屋のドアに  書かれていたはずさ  とても悲しい物語だと

雨の物語 [EPレコード 7inch]

雨の物語 [EPレコード 7inch]

 

 それでは、次の曲。これは、コミックソング風です。

 五月雨     大瀧詠一

五月雨 大滝詠一 - 歌詞タイム

五月雨

五月雨

  • 大滝 詠一
  • J-Pop
  • ¥250
五月雨

五月雨

 

この歌詞は、 大瀧詠一ならではのユーモアセンスが、秀逸ですね。

寝ぐらへ帰る  舌切り雀  軒の下で雨宿り

私は、この歌詞が大好きで、よく歌ってます。ここで、舌切り雀が出てくるなんて、誰も思わない。しかもメロディにぴったり。実際は、この創作過程は逆で、メロディラインから、舌切り雀を思いついたのでしょうけど。

次の曲。これから、また渋め路線に戻ります。

  雨が空から降れば      小室等

これは、吉田拓郎のカバーが秀逸なので、そっちを聴いてもらいます。

雨が空から降ればの歌詞 | 小室等 | ORICON NEWS


吉田拓郎 雨が空から降れば

 こちらがオリジナルです。

雨が空から降れば

雨が空から降れば

 

 こんな風に、雨空を見上げると、心が癒されますね。雨の日は、しょうがないのだから。

 あの街は雨の中  この街も雨の中    

 電信柱も   ポストも  ふるさとも 雨の中

しょうがない  雨の日はしょうがない

公園のベンチで  ひとり

お魚を  釣れば  お魚も  また雨の中

                       作詞   小室等 

Rain Study 2

 さて、次の曲。これもカッコよく、渋い。

レイン     甲斐よしひろ

レインの歌詞  甲斐よしひろ   ORICON NEWS

レイン

レイン

これは雨は、ほとんど出てきませんが、好きな曲なので、聴いてもらいました。この頃の甲斐は、なんてカッコいいんだろう、と思いますね。曲のよさは、時代が流れても普遍的だと思います。

次の曲。

雨に泣いてる…     柳ジョージ&レイニーウッド

雨に泣いてる-WEEPING IN THE RAIN-


柳ジョージとレイニーウッド 81年横須賀ライブ「雨に泣いている」

雨に泣いてる(日本語)

雨に泣いてる(日本語)

この曲のヒットで、レイニーウッドはようやく陽の目を見ました。日本のロックバンドは、まだまだ市民権を得ていませんでしたから、甲斐よしひろは自分たちの先輩として、自分のラジオ番組で、柳ジョージショーケンとかを、よく流してましたね。レイニーウッドの上綱克彦は、レイニーウッドのあと、よく甲斐バンドにセッションで参加してました。

 では、次の曲。

Raindrops      エコーズ

http://www.kget.jp/lyric/126187/Raindrops_ECHOES


ECHOES Raindrops

 これも、時を経て今では知る人ぞ知る名曲になってしまいましたが、いい曲なんです。今でもエコーズのベスト盤は、音楽配信してますが、思い出のメロディみたいな選曲になってるのですよ。ホントにいい曲が入ってない。辻が選んだのかなぁ、それは疑問ですね。当時、露出の多かった曲だけを選ぶから、今の若い子が聴かなくなるんだと思いますけどね。まさに、この曲が入ってないんです。

 それでは、最後の曲です。これしか、ないでしょうね。

 Endless  Rain     X JAPAN

ENDLESS RAIN X JAPAN - 歌詞タイム


Yoshiki - Endless Rain @ The GRAMMY Museum 8/26/13

YOSHIKI、日本公演大丈夫でしょうか。心配です。日本の宝ですから。無事にステージに帰ってきてくれることを、博多の町から祈ってます。

それでは、今日はこれで終わります。お休みなさい。

ENDLESS RAIN

ENDLESS RAIN

  • X
  • ロック
  • ¥250

 

X Japan at Otakon 2010

このブログでは、みなさんのご意見ご感想などをお待ちしています。

どんな曲を聴きたいか、どんな歌の特集をしてほしいか、聴いた曲の感想、思い出、などなど、お気軽に、コメントをお寄せください。