MIDNIGHT HERO

デラシネのブログ。明日へむかって。

ひとりぼっちの歌。

 今回は、ひとりきり、ひとりぼっち、孤独がテーマの歌の特集です。

孤独にも、いろいろあって、芸術家など、ひとりじゃないと仕事に困る人もありますし、思春期の若い人たちは、誰かがそばにいて欲しいと願うものだし、一概には言えないのですね。それは歌だって同じことです。

いろんな歌があって面白い。

そういうわけで、今日の1曲目。

いいわけ     シャ乱Q

いいわけ - シャ乱Q - 歌詞 

いいわけ

いいわけ

  • provided courtesy of iTunes
いいわけ

いいわけ

 

いささか、情けない、劣等感の固まりみたいな野郎です。

しかし、苦悩の深さというものは、その理由、人格、年齢その他もろもろとは関係ないもので、いかに少年の悲しみが幼く、中年男の悩みが俗悪なものであっても、真実であることに変わりはないものです。

寂しい夜が嫌いなのは、決して君だけではない。

2曲目。まぼろし。

まぼろし      RCサクセション

まぼろし / RCサクセションの歌詞 |『ROCK LYRIC』


[ まぼろし ] 忌野清志郎 (1976 LIVE 京都)

まぼろし

まぼろし

  • provided courtesy of iTunes
まぼろし

まぼろし

 

これは、「Blue」というアルバムに入っていて、あまり知られていない曲だと思いますが、ひとりぼっちというのは、こういう心情なんだと思いますね。

 

次の曲。今回の特集は、これを聴いて欲しかった。

寝た子を起こす子守唄     豊島たづみ

寝た子を起こす子守唄 歌詞

www.dailymotion.com

 

 

阿木よう子作詞、宇崎竜童作曲です。加藤登紀子とかにたくさんカバーされてます。でも、このオリジナルの、豊島たづみが一番。いい歌だなぁ、と思います。曲も歌詞も、いい。

山積みにした本の中に答えが見えなければ

僕は何をしたらいいの    ひとりぼっちだよ

私も、こういう若い頃を過ごしました。

ホントに、何のための勉強なのか、何のための学校なのか、わけもわからず、迷路の中でもがいていた。

押しつけられることには反抗するけど、押しつけが、いざ無くなってみると何をすればいいのか、わからなくなってしまった。

二十歳を過ぎて、ようやく学ぶことの楽しさがわかりました。

なんでもいい、この宇宙の中の、たった一つのことに深く関心を持てたら、それをどこまでも追求するといい。

そこから突破口は開けるのです。

そこに至るまでの道のりが、青春なのかもしれないですね。

「とまどいトワイライト」という豊島たづみのアルバムは、いい曲がたくさん入っているので、今後も紹介したいと思っています。

次も、そういう曲です。

一人ジェンガ     矢井田瞳

一人ジェンガ 矢井田瞳 - 歌詞タイム

一人ジェンガ

一人ジェンガ

  • provided courtesy of iTunes
一人ジェンガ

一人ジェンガ

 

 矢井田瞳の曲では、これが一番好きです。心の琴線に触れるのです。

これに効くようなクスリはないの  Oh  マイドクター

笑いたいの  信じたいの  胸の底の沼から

手垢のついた剃刀じゃ  未来も切り開けないってわけ?

今のあなたも、この歌に、共感するところがありませんか?

 

では次の曲です。

ここからはちょっと大人の世界の孤独を歌っています。 

ひとり寝の子守唄     加藤登紀子    

ひとり寝の子守唄の歌詞 | 加藤登紀子

ひとり寝の子守唄

ひとり寝の子守唄

  • 加藤 登紀子
  • 謡曲
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

ここには、人生の辛酸を舐め尽くした、大人の諦念が感じられます。

天井のねずみ、浮気な夜風、そんなものさえ自分の孤独に重ねて見える、誰に助けを求めることもない、これが人生の諸相だと語りかけるだけ。

そこに人は、孤独という、人間の根源的な心象風景を見て、共感するのでしょう。

 

次の曲。これはみんなよく知ってるでしょう。

紅       X JAPAN

紅 / X JAPANの歌詞 |『ROCK LYRIC』


X (X Japan) - Kurenai (紅) [Original Japanese Version] 

紅 (シングルヴァージョン)

紅 (シングルヴァージョン)

  • X
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

この曲の「お前は見えないのか   すぐそばにいるのに」の歌詞は、再結成再デビューシングル「I.V」の中で、英語で歌われています。

" Can't  see me standing right hear "

この歌の絶望感は、鬼気迫るものがあって、初めて聴いたときは、ここまで歌うのか、と思ったものです。この詞は衝撃的でした。

紅に染まったこの俺を  慰める奴は  もういない

もう二度と 届かない この思い

閉ざされた愛に向かい  叫び続ける

           詞・曲   YOSHIKI  

 

I.V       X JAPAN


X JAPAN:I.V.with Lyrics

「I.V.」 英語Ver

「I.V.」 英語Ver

  • provided courtesy of iTunes

 では最後の曲です。

一人       井上尭之

一人の歌詞 | 水谷豊 | ORICON NEWS


井上堯之 一人~I STAND ALONE~ 

一人

一人

  • provided courtesy of iTunes

 

 

この曲も、いろんな人がカバーしてます。

柳ジョージのカバーもいいです。

井上尭之といえば、スパイダーズ、PYGを経て、井上尭之バンド、PYGで一緒だった萩原健一沢田研二の盟友ですね。

井上尭之バンドは「太陽にほえろ」、萩原健一の「傷だらけの天使」のドラマ主題歌であまりにも有名です。井上は近藤真彦萩原健一が歌った「愚か者」の作曲でも知られてます。

PYGは、グループサウンズの時代の終焉とともに結成され、ツインボーカルショーケンとジュリー、他のメンバーにも大野克夫岸部一徳がいるという文字どおりスーパーバンドで、そのリーダーだったのが井上尭之です。

「一人」は井上尭之のソロ・ファーストアルバムに入ってます。

この曲はショーケンのテレビドラマ「傷だらけの天使」の挿入歌として使われてます。

最終回で、ショーケンが死んだ水谷豊をリアカーで夢の島に捨てに行くというラストシーンで流れてました。

PYGの曲も大好きなので、いずれ紹介したいと思います。

それでは、本日はこのへんで。お休みなさい。 

~ Alone ~