MIDNIGHT HERO

デラシネのブログ。明日へむかって。

今、苦難の君に捧げる歌。

  ディスクブログの3回目になります。

今回のテーマも、初回と似てるんだけど、私の中には、今、死んでしまいたいとか、生きていくのがつらいとか、とにかく今、追いつめられてて、どうしようもない、というような人が聴いて、ほっとするような曲、音楽でも何でもいいから、そういうのに、触れて欲しいわけです。

Never give up

 若い頃の自分を振り返ってみて、そんなときに、元気出せとか、がんばれとか、そんなこといわれても、どうにもなんないんだよ、っていう感じがあるからです。ホントにつらいときって、下手な慰めは耳に入らないんだよ。

そういうときは、自分のつらさを、そのまんま、歌ってくれる曲が救いになるんですよね。これは、音楽に限らず、芸術ってものの成り立ちの根幹をなすもので、悲しいときは、悲劇を見ることがカタルシスなんです。

 私は、そういう人たちの、味方になりたい。

1曲目。

蒼い旅     岸田智史

蒼い旅 岸田智史 - 歌詞タイム

 

 

私の話をすると、若い頃いろいろありました。

登校拒否して、自殺しかけるほど、つらい時期もあったし、万引きして、親に見つかって母親を号泣させて、それを、ただ見ているしかなかった。

このつらさって、わかんない奴はわかんないから、気にすることはない。

暗いとかいわれても、それだけ、ど真剣に生きてる証なのだから、胸をはっていい。

 

さっきの曲は、岸田智史のデビュー曲なんですが、谷村新司の詞なんです。次の曲も、谷村新司の作詞・作曲です。 

砂の道         谷村新司

砂の道の歌詞 | 谷村新司 | ORICON NEWS

砂の道

砂の道

  • アリス
  • ポップ
  • ¥250

 谷村新司の曲で、こういう曲は多いんですよ。ほかにもアリスの「帰らざる日々」「狂った果実」、谷村新司「陽はまた昇る」と。iTunes の今の曲は、アリスの武道館ライブバージョンです。オリジナルは、谷村新司のソロアルバムに入ってます。

 

 次は、辻仁成の初ソロアルバムから。

冬の虹        辻仁成 

冬の虹の歌詞 | 辻仁成 | ORICON NEWS

冬の虹

冬の虹

  • 辻 仁成
  • ロック
  • ¥250
冬の虹

冬の虹

 

 今、みんなが聴いてくれてる間に、重い暗い歌、というので、検索してみたんですけど、ホンモノはなかなか見つかりませんでした。

若人は、最近の曲から選ぶだろうし、知ってても大物アーティストのものだったりしますよね。こちらは、質で勝負しますよ、新旧こだわらず。

GOOD-BYE青春        長渕剛

GOOD-BYE 青春 / 長渕剛の歌詞 |『ROCK LYRIC』


GOOD-BYE青春 長渕 剛

GOOD-BYE青春

GOOD-BYE青春

  • 長渕 剛
  • ロック
  • ¥250

続けて聴くと、この曲がとても明るく聴こえるから、不思議ですね (笑)。

これは作詞、秋元康です。「家族ゲーム」というテレビドラマの主題歌で、長渕剛の初出演作だったんですよ。とても面白いドラマだったんですけど、絶対再放送やりません。これは、長渕が嫌がっているのでしょうか?

 知ってる方いたら、ぜひコメントください。

 

次の曲。これは、ちょっと流れ的には異色ですが、大好きな曲なので、聴いてもらいます。         

きょうだい心中         山崎ハコ

 きょうだい心中の歌詞 | 山崎ハコ | ORICON NEWS

 これは、一度聴いたら忘れないでしょう。

 この歌詞は、作詞者不詳の伝承歌らしいのですが、このインパクトは凄まじいものがありますね。

いろんなネット情報では、歌詞にいろんなバージョンがあって、それなりに味があるんですが、やっぱり山崎ハコバージョンが最高だと思います。

この歌詞って、山崎ハコが元歌詞にアレンジしたものなんでしょうかねぇ。

そうだとしたら、簡潔で、ストーリー性があって、ことばのひとつひとつの響きがよくて、その詞に、この曲をつけた山崎ハコは、すごいシンガーですよ。

忘れ得ぬ曲として、リスナーのハートに刻まれるでしょう。

 

 では、最後の曲です。

中島みゆきの「時代」か、これかって感じですが、「時代」は、みんな知ってると思うので、野郎向きの、この曲を。

どんなにつらくても、オレたちは歩き続けて行くんだという、祈りを込めて。

翼あるもの     甲斐バンド

翼あるもの / 甲斐バンド  歌詞


甲斐バンド「翼あるもの」1980 12 9武道館

翼あるもの

翼あるもの

翼あるもの

翼あるもの

 

今回は、生きていくことのつらさ、苦しさ、凄さ、それを噛みしめるという感じの特集でした。

最初にいったように、やっぱり苦しいときに助けになるっていうのは、そのときの心の痛みに寄り添ってくれる曲、映画、本だったりするんですよね。

これが、今の自分だ、と思わせてくれるもの。

X JAPAN の曲は、「紅」にしても「ENDLESS  RAIN」にしても、みんなこれです。

だから、ファンがついていくのでしょう。

X Japan

 

ディスクブログも、3回目、皆さんの感想など、どしどしコメントください。

それでは、今回は終わります。

お休みなさい。

 

 このブログでは、みなさんのご意見ご感想などをお待ちしています。

どんな曲を聴きたいか、どんな歌の特集をしてほしいか、聴いた曲の感想、思い出、などなど、お気軽に、コメントをお寄せください。