MIDNIGHT HERO

デラシネのブログ。明日へむかって。

海援隊、チューリップ、甲斐バンド、長渕剛を育てた、福岡にある伝説のライブハウス「照和」の昔。そして、現在(いま)。(2)

 憧れの「照和」へ行ってきた。

 1月23日。その日は、雪と強風のひどい土曜日だった。

入り口の文字に目が止まり、入ろうか入るまいか、メニューがある入り口付近で迷っていると、地下への階段を上がってきた店の人の、寒かですねえ、寄っていかんですか、の声。

 この寒さ、空腹、地下からの声、これは入るべしと意を決した。

f:id:FOREVERDREAM:20160201220740j:plain

 

f:id:FOREVERDREAM:20160201221446j:plain

 スターたちの展示品がショーケースにあって。

f:id:FOREVERDREAM:20160201221955j:plain

そして、階段を降りると、入口のドア。

f:id:FOREVERDREAM:20160201222210j:plain

f:id:FOREVERDREAM:20160201222318j:plain

 中にはいると、こんな一見、レストラン風。  

f:id:FOREVERDREAM:20160201222518j:plain

 

雪に濡れたショルダーバッグを置く暇もなく、ステージに目が止まる。

ここなんだ、甲斐や長渕が歌ってた場所は、と感慨にひたる。

 

f:id:FOREVERDREAM:20160202195344j:plain

昼のランチメニューをお店の人が持ってくる。

かなり年配の女性だった。

スパゲティ、カルボナーラを注文。

写真撮ってもいいですかと尋ねると、

いいですよ、ステージでお撮りしましょうかと返ってきたので、

あわてて辞退申し上げる。

「照和」のステージに上がるなんて、1秒たりともオレにそんな度胸はない。

30年間、憧れつづけてきた場所、やっと足を踏み入れることができた場所、

なのだから。

女性は、昔はステージは逆、入口から入って奥にあったと教えてくれた。

今は、入口の脇がステージになっている。

f:id:FOREVERDREAM:20160202200650j:plain

 

「照和 My Little Town KAI BAND」

2010年4月、この場所で3日間のライブが行われた。

出演したのは、甲斐バンド

わずか60席、3日間で合計約300名の観客しか体験することができなかった、貴重なライブ。それは、映画になった。

 監督は映像クリエイターフカツマサカズ、ナレーションは俳優・大森南朋が担当した。

 

 

 入って右の壁には、たくさんのサイン。

f:id:FOREVERDREAM:20160202202150j:plain

 チューリップ。石橋凌ARB)。

f:id:FOREVERDREAM:20160202202410j:plain

  甲斐よしひろ

f:id:FOREVERDREAM:20160202202452j:plain

 店には、新聞の切り抜き、たくさんのスクラップブック、そして来店した人が想いを綴った「照和」ノート、出身アーティストの思い出の品々があった。

f:id:FOREVERDREAM:20160202204752j:plain

 

ここが、聖地「照和」の、現在のステージだ。

f:id:FOREVERDREAM:20160202204157j:plain

最後に、カルボナーラはめっちゃ美味かった。

また、寄らしてもらいます。 Thanks....「照和」

  

foreverdream.hatenablog.com