MIDNIGHT HERO

デラシネのブログ。明日へむかって。

海援隊、チューリップ、甲斐バンド、長渕剛を育てた、福岡にある伝説のライブハウス「照和」の昔。そして、現在(いま)。(1)

 

f:id:FOREVERDREAM:20160127020200p:plain

福岡市にある、伝説のライブハウス「照和」。

1970年に開店。二度の閉店を経て、1991年に復活、現在も営業している。

当時の面影そのままに、 西鉄福岡(天神)駅のすぐ横というアクセスのよさだ。

 

10代の頃、地元ラジオ局の深夜放送ブームの中、福岡育ちの少年少女の耳には、チューリップ甲斐バンド長渕剛といったミュージシャンの歌が自然に聞こえてきた。テレビでは、海援隊武田鉄矢がドラマ「3年B組金八先生」で役者として大ブレイクしていた。

彼らは皆、アマチュア時代、福岡市にある、同じライブハウスで活動していた。

それが「照和」だった。

「照和」オフィシャル・サイト 

www.live-syouwa.com

http://www.flickr.com/photos/65811939@N00/8441347106

photo by Radarsmum67  リバプール

1970年代、福岡は日本のリヴァプールと呼ばれた。

イギリスの都市リバプールは、ビートルズ誕生の地として知られ、以降次々とイギリスのバンドがアメリカのヒットチャートを席捲し、 世界のミュージックシーンにはかりしれない影響を及ぼした。日本の若者たちも同じだった。

 

http://www.flickr.com/photos/45631190@N02/4191790770

photo by beatles maniac11

福岡でも同じような現象が起こった。

田川出身の井上陽水(当初、アンドレカンドレの名でデビュー)、「照和」出身の武田鉄矢海援隊財津和夫率いるチューリップ甲斐よしひろ甲斐バンド、やや遅れて鹿児島から出てきた長渕剛がメジャーデビュー。70年代以降、彼らは次々と大ヒットを飛ばした。

チューリップは、「心の旅」「サボテンの花」。

心の旅

心の旅

  • チューリップ
  • J-Pop
  • ¥250

 

甲斐バンドは「裏切りの街角」「HERO」「安奈」。

裏切りの街角

裏切りの街角

 

海援隊は「母に捧げるバラード」「贈る言葉」。 

贈る言葉

贈る言葉

 

井上陽水は、1973年発表のアルバム「氷の世界」で日本レコード史上初のLP販売100万枚突破の金字塔を打ち立て、フォーク界で吉田拓郎と並び称されるビッグネームとなった。

 

 

長渕剛は、今や日本のスーパースターの座に君臨している。
デビュー当時は、華奢でやせ顏のフォークシンガーだった。

巡恋歌

巡恋歌

  • 長渕 剛
  • ロック
  • ¥250

 また、1979年「照和」での活動はなかったが、福岡出身のチャゲ&飛鳥が「ひとり咲き」でメジャーデビューし、1990年代には絶頂期を迎え大ヒット曲を連発、アジアでも絶大な人気を誇った。

http://www.flickr.com/photos/34530295@N06/20141188736

photo by Yoshikazu TAKADA   中洲の夜景

 1980年代になっても、福岡は次々と優れたアーティストを生んだ。

 「照和」は、甲斐バンドが「HERO」で大ブレイクする直前の1978年11月30日、閉店。しかし、それ以降も「照和」の出身者から、森山達也率いるTHE MODS、ヴォーカルに久留米出身の石橋凌を擁するARB陣内孝則ロッカーズと多くのアーティストを輩出する。

激しい雨が

激しい雨が

彼女はチャーミング

彼女はチャーミング

  • A.R.B.
  • ロック
  • ¥250

 

さらに、鮎川誠のサンハウス、(のち鮎川は、シーナ&ロケッツを結成。)大江慎也ルースターズらが出て、めんたいロックは日本の音楽シーンに歴史を刻んだ。

その証しに、長崎出身の福山雅治は、THE MODSARBから強い音楽的影響を受けた。ARB石橋凌の初ソロアルバム『表現者』の制作に参加し、自身のオーディションでARBの曲を歌ったことを明かしている。

 

 

久留米出身の藤井フミヤ武内亨が1980年に結成したチェッカーズは、1983年「ギザギザハートの子守唄」でデビューし、超人気バンドとなった。 

 

なぜ福岡からこれだけ多くのアーティストが輩出したのか?

 「照和」が開店した1970年、60年安保闘争の終わった虚無感の中、若者たちは、次々に登場した新しい音楽、GSやモダンフォーク、ビートルズなどに強い刺激を受け、活動の場を求めて音楽イベントの自主開催を行うようになった。ラジオの深夜放送が人気を集めるようになったのも、この頃だった。これは福岡に限ったことではない。

しかし、時代背景とともに、福岡が大きな求心力をもって、ミュージシャンを目指す若者たちを吸い寄せる磁場となったのは、偶然ではなかった。

当時、九州唯一のライブハウスだった「照和」

甲斐よしひろは言う。歌える場所は、九州でここしかなかった。

福岡の私立大学である西南学院大財津和夫、福岡教育大の武田鉄矢、彼らは最初、学外で歌うときは、須崎公園などで歌っていた。

その彼らに歌う場所を提供したのが、フォーク喫茶「照和」だった。

そこからプロとしてチューリップ、海援隊がデビューしたことで、プロを目指す若者の目が一心に集まった。

そこに集まった音楽仲間の交流から、離合集散を経て、多くのアーティストがデビューすることになった。 

 

f:id:FOREVERDREAM:20160202204157j:plain

「照和」に出るためには、オーディションがあった。まず、「照和」のマネージャーらに、演奏を聴かせて納得させねばならなかった。

チューリップや海援隊の上京後、「照和」を満杯にできるスターであり、ウェイターをしていた甲斐よしひろは、その時期「照和」を仕切っていたといってもよかった。

その頃、オーディションで彼が見出したメンツは、森山達也石橋凌

 

デビューできなかった人間が、マネージャーをやって、新しい才能を見つけることもあった。ハリちゃんこと張田龍一、「あかんべぇ」というバンドをやっていた秋吉恵介は長渕剛を見出し、育てた。 

 

デビューしたあとも、彼らの絆は結ばれていた。チューリップの財津和夫は、所属するシンコーミュージックに甲斐よしひろのデモテープを聴かせて契約を勧めた。そして、甲斐よしひろも、ARB石橋凌を同じように推薦したという。

 

余談になるが、まだ小学生の藤井フミヤが、久留米から演奏を聴きに「照和」にやってきたことがあるという。それでも、小学生を入れるわけにもいかず、武田鉄矢らは諭して帰したそうだ。

 

 

 

  地元放送局のディレクターやプロデューサーの強力なバックアップ

KBC九州朝日放送の、岸川均

RKB毎日放送の、野見山實

TNCテレビ西日本藤井伊久蔵

彼らは、地元ミュージシャンの発掘、後方支援に大きな役割を果たした。

KBCの岸川は、ラジオで「歌え若者」というアマチュアを出演させる番組の企画を執念で通し、この番組に地元で活動するアマチュアミュージシャンに、多くの出演の機会を与えた。

それだけでなく、目を付けたチューリップや甲斐よしひろをはじめとするプロ志望のミュージシャンには、全国コンテストの出場に同行したり食事に連れて行ったりと、公私ともに父親のような存在であり続けた。

これは、岸川だけでなく、ほかの二人にも同じことがいえた。

 

岸川が定年退職を迎えた1998年には、山下達郎浜田省吾ら18組のアーティストが退職記念コンサートを4日間にわたり開催した。会場は、福岡サンパレス

その中で甲斐バンドは一夜限りの再結成をし、唯一ワンマンで1日の公演を行った。

オレは生で見ていた。

岸川氏はステージ上の左側に設けられた特別席に座り、終始にこやかな笑顔で、演奏するバンドの様子を見ていた。

これほど大規模に、退職記念としてコンサートを開いてもらえるローカル局のプロデューサーがどこにいるだろうか?

 

RKBの野見山實。

RKBラジオの彼のもとに届けたデモテープがきっかけで、井上陽水はアンドレカンドレとして、CBSソニーからデビューした。

野見山は、「スマッシュイレブン」という夜のラジオ番組をやっており、番組は局の後輩、井上悟に引き継がれた。

陽水は、井上悟にも恩義を感じていた。石川セリと入籍したとき、陽水は「スマッシュイレブン」に電話で生出演し、井上悟に結婚の報告をした。オレは生でそれを聴いていたのだ。 

TNCの藤井伊久蔵は、ラジオ局を持たない局であったが、「レッツゴーフォーク」などのコンサートを毎月主催していた。

 

この3人は、1993年、福岡ドームこけら落とし公演でステージに上がり、共演した井上陽水武田鉄矢財津和夫甲斐よしひろの4人から、自分たちを育ててくれた3人のディレクターとして紹介されている。

f:id:FOREVERDREAM:20170525012405j:plain

 

そして、忘れちゃいけない屋台の存在。「喜柳」のおばちゃん、片渕早苗さん。

 天神にある屋台「喜柳」。

「照和」のギャラは1日でバンドは700円、ソロは600円。

みんなが腹を空かした野良犬状態。

金がないとわかっていても、「喜柳」のおじちゃんおばちゃんは、利益を度外視して天ぷらやメシを食わせてくれた。

まったく利害関係抜き、金だけじゃない暖かさがあった。

だからこそ、彼らのパワーは充電できた。出演バンドのみんながお世話になった屋台が、この「喜柳」だった。

甲斐よしひろは自分のラジオ番組で、「喜柳」を博多の行きつけ屋台と話していた。

かくいうオレも、高校時代、福岡を訪れて「喜柳」に行ったことがある。

「おばちゃん、最近甲斐さん来るね?」と思い切って声をかけた。

「ああ、甲斐さんね、うん、たまに来るよ」と答えてくれた。

 

一世代あとの長渕剛も、福岡の思い出を語るテレビ番組で、「喜柳」を訪れ、片渕早苗さんと再会。当時の思い出話に花を咲かせた。

 

岸川らが彼らの父親がわりとすれば、「喜柳」のおばちゃんは、母親がわりの存在だったといえるだろう。

 

NHK総合きん☆すた「青春旅~長渕剛  in 福岡」(NHK福岡放送局で2014/7/4(金)放送 。)

f:id:FOREVERDREAM:20160202212506j:plain

 

 

次回は、「照和」の現在(いま)をリポートする。

 

(参考文献、参考とさせていただいいたサイトは下記のとおり。) 

 

 

 

 

 フォークの旗手と「照和」物語

西日本シティ銀行:地域社会貢献活動:ふるさと歴史シリーズ「博多に強くなろう」

 

www.asagei.com

妙安寺ファミリーバンド|TOPPAGE

 

 

 

 

foreverdream.hatenablog.com

 

(追 記)2017.9.23

この記事を書いたあと、博多初のロック喫茶として有名アーティストを輩出した、「ぱわぁはうす」についての書籍が発売されました。

鮎川誠、サンハウス、モッズ、ARB などが活動したライブハウスの関係者、アーティストの記事、インタビューなどからなる、貴重な一冊です。

博多のロックシーンを彩ったアーティストの軌跡を知る上で、おすすめします。

diskunion.net