MIDNIGHT HERO

デラシネのブログ。明日へむかって。

女優、大原麗子さん 。その画かれた肖像。

 

ドラマ「雑居時代

今も忘れない、私が10代前後の頃、夕方学校から帰ると、何度も何度も再放送されていたドラマ「雑居時代」。石立鉄男主演のホームコメディが人気だった時代、このドラマのヒロインに抜擢されたのが、大原麗子。その美しさは際立っていた。

思春期の少年にとって、彼女は憧れのひと、遠い星のひとだった。

 

 

 女優としての頂点に立つ 

 1970年代から80年代にかけて、彼女はドラマ、映画、CM、すべてにおいて、トップだった。このCMは、彼女が時代と寝た女であることを象徴するものだ。

 


1980 サントリーレッド CM 大原麗子 長編・高画質

 

女優としては、1989年の大河ドラマ春日局」に主役として、大河史上4人目となる主役を務め、平均視聴率32%を記録した。これは大河史上3位の記録となった。

 

不幸だった晩年

しかし、すべての輝きは、彼女の私生活を犠牲にして手にしたものだった。

渡瀬恒彦、森進一という二大スターとの結婚も、彼女の女優魂が蹴散らした形になった。普通の女の幸せと引き換えに手にした名声、栄誉だった。

2000年代以降は、病により芸能活動も滞りがちになり、世田谷区にある3億円の豪邸にひとり暮らしの生活だった。

そして、2009年8月、自宅で倒れ、逝去。

 

その生き様は、ノンフィクションとして出版され、ドラマ化された。

www.tv-tokyo.co.jp

 

死亡したとき、高倉健と共演したドラマが、DVDプレイヤーに入っていた。

彼女が若い頃から敬愛していた高倉健と、1992年に共演した「チロルの挽歌」だった。

 

 

 

 以上が、一般的に知られている大原麗子さんの人生かもしれない。

 

しかし、さきに紹介している大原麗子について描かれた唯一の書、「大原麗子  炎のように」を読めば、「雑居時代」に見る明るくて優しいお姉さま像は、一変する。壮絶な彼女の生きざまが見えてくる。

 

次の記事では、この書物を足がかりに、彼女の実像にせまってみたい。